注目度が高いスイングpopとは

販促ツールにもいろんなものがありますが、より多くの人の視線を集めてくれるのがスイングpopです。細いアーム部分と広告部分から構成されていて、人が歩くなどした時の風でふわふわと揺れてくれるので、何だろうと興味を引いてくれるのです。アームを取り付ければ後は広告部分の重みで少し垂れ下がるような感じになっています。スペースを問わず使うことができますので、新しい商品やサービス、特売などのセール、産地紹介など工夫次第でいろんな内容をお客様に知ってもらうことができます。形状も手のひらぐらいのちょっとした大きさのものが殆どなので、それほどかさばる事もありません。大量に作っても金額もそれほど高くないので、気軽に利用できる便利な広告として活躍してくれます。

アイキャッチとして使いこなそう

スイングpopを使う場所も悩むかもしれませんが、当然ながら見てもらってこそ効果があります。設置する時には人の目の高さなども意識したいですが、商品などの陳列棚だけでなく、レジ周辺などにも貼っておくと、待っている間に見てもらえるので、おすすめしている商品などを手にとってもらえたりする事があります。また、ポスター類などにも貼ってアピールをしていくのも良いでしょう。あまり多く貼りすぎてしまうと今度は視線があちこちに散らばってしまいますので、見せたいものは何なのかを絞って用意しておくと使いやすさが増します。製作をしてくれる業者も増えてきているので、少量だけ作りたいのか、またはたくさん作っておきたいのかで依頼をするところを決めておくと手軽に作ってもらえます。

pop効果をよくするために作りこむ

スイングpopは丸や四角など業者側が用意している定型サイズまたは別途オリジナルの形の広告部分に印刷をして製作をします。印刷するデータは自分たちで用意するのが基本ですから、事前に必要なソフトやファイル形式の出力ができるかどうかはチェックしておきましょう。また、テンプレートが用意されているのであれば、綺麗な印刷で仕上げてもらうためにも利用は必須です。材質も紙やポリプロピレンなどが用意されていたりするので、出来上がりをイメージしながら素材も選んでみましょう。サンプルを請求すれば送ってくれる業者もありますので、失敗しないように作るためには取り寄せておくのもおすすめです。デザインがどうしても自分たちでできない場合には業者やプロに依頼する事もできるので、用途に合わせて気軽に注文してみてください。